ベッドのみ 引越し

突然ですが、「引越しの時にベッドを処分するには?色々な方法を知りたい!」と困っていませんか?

  • ベッドを処分する方法はどのくらいあるの?
  • ベッドを処分する際の注意点は?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

 

ベッドを処分する方法はどのくらいあるの?


ベッドを処分する方法は以下の通りです。使えないベッドは粗大ゴミとして処分し、まだ使えるベッドは売ったり譲ることも可能です。

 

ベッドを処分する方法

  • 粗大ゴミとして処分する
  • 新しいベッドを購入する家具店に引取り依頼をする
  • 引越し業者に引取りを依頼する
  • 不用品買取業者に買い取ってもらう
  • 新聞等の「譲ります」コーナーに掲載する
  • 自治体のホームページに掲載し譲り受けてくれる人を探す
  • リサイクルショップに売る
  • オークションに出品して売る

 

粗大ゴミとして処分する


ベッドは分解しても大きいので、粗大ゴミとして正しく処分しなければなりません。処分方法は自治体によっても異なりますが、粗大ゴミの処分を申し込んで指定日に家の前まで取りに来てもらう方法と自分で粗大ごみ処理場に持ち込む方法があります。

 

粗大ゴミを取りに来てもらう場合は、まずコンビニなどで指定された金額の粗大ごみ券を購入します。そして自治体に粗大ゴミ収集を申し込み、指定された日にベッドを分解して粗大ゴミ件を貼り付けて家の外に出しておくと自治体の収集車が取りに来てくれます。費用は2000円~3000円程度です。

 

自分でベッドを粗大ゴミ処理場に出す場合は、車に分解したベッドを積んで最寄りの粗大ゴミ処理場に持ち込みます。その場で粗大ゴミの重さを測り料金が提示されますので支払いをすれば処分してもらえます。費用は1000円~1500円程度です。

 

新しいベッドを購入する家具店に引取り依頼をする


家具店によっては新しくベッドを購入した場合にのみ古いベッドを無料で引き取ってくれるサービスがあります。引越しの際にベッドを買い換える予定がある方は、家具店に古いベッドの引取りが可能かどうかを確認してみましょう。

 

家具店に処分を依頼できれば、新しいベッドの配達時に古いベッドを持ち帰ってくれるので、自分で面倒な作業をせずにも楽に処分できます。無料で引き取ってもらえる場合はとてもお得ですのでぜひ利用してみましょう。

 

引越し業者に引取りを依頼する


引越し業者の中にはオプションで不要な家電を引き取るサービスを行うところがあります。このオプションを利用すれば、引越しと同時にベッドをそのまま引き取ってもらえるので、面倒な手間が省けて楽に引越しができます。

 

不要なベッドの引取り費用は5000円~7000円前後が相場です。重いベッドを自分で分解できなかったり、車を持っていない方にとっては多少の費用がかかっても引越業者に依頼したほうが楽になります。粗大ゴミに出すよりは費用が高くなりますが、引越しと同時にベッドを引き取ってもらえるとその後の引越し作業もスムーズになるの是非利用してみましょう。

 

不用品買取業者に買い取ってもらう


不用品買取業者は使えないベッドも使える冷蔵庫も引き取ってくれます。但し、使えないベッドの場合は買取不可能なので、こちらから引取り費用を支払う必要があります。この点に注意してください。

 

引取り費用は買取業者によって異なりますが、大抵の場合は1000円~数千円の支払いで引き取ってもらえます。粗大ゴミ処分費用とそれほど変わらない費用で引き取ってもらえるのであれば、自分でベッドを処分する手間が省けるのでとても便利です。

 

使用済みのベッドでもまだまだ使えそうなものは、数千円で買い取ってもらえる可能性があります。本来はお金を払って処分しなければなりませんが、数千円で買い取ってもらえればとてもお得なので、粗大ゴミとして処分してしまう前に一度買取業者にいくらで買い取れるか見積もってもらうと良いでしょう。

 

新聞等の「譲ります」コーナーに掲載する


フリーペーパーや地方新聞などには利用者の情報を掲載するページがあり、その中に「不用品譲ります」コーナーが設けられていることがあります。ここに不要なベッドの情報を掲載すると無料譲り受けてくれる人を探すことができます。

 

ベッドを粗大ゴミとして処分するには費用がかかりますが、無料で譲り受けてくれる人が見つかれば費用をかけずに処分できます。処分費用をできるだけかけたくない場合は、掲載料金が安い新聞社を探してみましょう。

 

但し、この方法は譲り受けてくれる人が見つかるまで処分に時間がかかります。すぐにベッドを処分したい方には不向きなので、別の方法で処分してください。また、ベッドの分解は自分で行わなければならず、譲り受けてくれた人も組み立てをしなければなりません。この点を忘れないようにしましょう。

 

自治体のホームページに掲載し譲り受けてくれる人を探す


新聞に情報を掲載するのと同じように、自治体の公式ホームページにも無料の掲示板が設けられていることがあります。この掲示板を利用してベッドを譲り受けてくれる人を探すのも良い方法です。

 

まずは自治体のホームページを確認し、ベッドの譲り受け先を探したいと問い合わせてみましょう。掲示板がある場合は無料で掲載できる可能性が高いので、この方法が利用できればベッドの処分に余分な費用がかかりません。

 

この方法も譲り受けてくれる人が見つかるまでに多少の日数がかかりますので、冷蔵庫の処分を急いでいる方は別の方法を選ぶようにしてください。ベッドの分解や組立も自分で対応しましょう。

 

リサイクルショップに売る


ベッドはとても高い家具なので中古で購入したいという需要が意外に多く、まだ使える状態のベッドであればリサイクルショップに売ることも可能です。

 

特に人気があるのが独り暮らし用のシングルベッドです。独り暮らしを始めるときは何かとお金がかかるのでベッドを少しでも安く買いたいと思う方が多いのです。まだ使えそうなものは処分する前に一度買取依頼をしてみましょう。

 

リサイクルショップは出張買取も行っているので、自分でベッドを持ち込めない場合は依頼してみましょう。但し出張買取には2000円前後の出張費がかかりますのでこの費用も見込んでおきましょう。

 

オークションに出品して売る


ベッドはオークションでも人気がある商品です。まだまだ使えそうなものや人気デザインのものはいきなり処分してしまわずに、一度オークションに出品して売ることができないか検討してみましょう。

 

オークションを利用すると自分で価格を設定できるので、予想外に高い値段でベッドを売ることも可能です。ベッドが売れれば粗大ゴミ処理費用を支払わずに済むだけでなく、ちょっとしたお小遣いが手に入ります。

 

但し、オークションを利用する際にはマナーを守ってください。ベッドの値段を高くしたいがために、傷や不具合を隠して出品したり、誇張した表現を使うのはマナー違反です。このような対応をすると後々トラブルになるので注意しましょう。

 

また、落札者との連絡やベッドの分解と発送などは全て出品者が行わなければなりません。オークションを初めて利用する場合は取引に十分注意してトラブルを起こさないようにしましょう。

 

ベッドを処分する際の注意点は?


ベッドを移動させる場合は分解する必要があります。この際に細かい点を注意しておかないと組立をするときにトラブルが生じますので注意してください。

  • 分解したベッドの部品(ネジやビスなど)をなくさないようにする
  • ベッドの説明書に従って分解する
  • 移動の際にはベッドだけでなく床や壁もをしっかり養生する
  • 説明書がない場合はベッドの分解手順を覚えておく

 

分解したベッドの部品(ネジやビスなど)をなくさないようにする


ベッドには多数のネジやビスがあり、これが1つでもなくなってしまうと下の通りに組立できなくなるので注意してください。ベッドを分解する際には袋を用意し、外したネジを1つずつ袋に入れて保管するようにしましょう。

 

ベッドの部品がなくなってしまえば、組立をした後にベッドがしっかり安定しないことがありとても危険です。心地よく眠るためには元の通りに組み立てる必要があるので、どんなに細かい部品でも無くさないようにしてください。

 

ベッドの説明書に従って分解&組立する


ベッドの説明書がある場合は、説明書に従って分解や組立てを行ってください。自分で適当に作業をしてしまうと、ベッドが歪んだり正しく組み立てられない可能性があります。面倒だと思っても、説明書の手順通りに正しく作業しましょう。

 

移動の際にはベッドだけでなく床や壁もをしっかり養生する


ベッドはとても重くて大きいので、本体だけでなく床や壁も養生しておかないと移動の際に大きな傷を作ることがあります。ベッドの配送を業者に依頼する場合はしっかり養生をしてもらえますが、自分で行う場合は不要な毛布やタオルを使って床や壁もしっかり養生しておきましょう。

 

説明書がない場合はベッドの分解手順を覚えておく


ベッドの説明書がない場合は、ベッドの分解手順を覚えておきましょう。組み立てるときは分解と逆の手順で作業すればベッドを正しく組み立てることができます。組み立て方がわからなくなると、作業にとても時間がかかります。分解している様子をビデオに録画しておくのも良い方法です。

 

賢くお得にベッドを処分しよう


ベッドの処分はとても大変なだけでなく費用がかかる作業です。だからこそ「どうすれば楽にベッドを処分できるか?」「どうすれば処分費用を抑えられるか?」を考える必要があるのです。自分のベッドをよく眺め、賢くお得に処分するにはどうすればいいかじっくり考えてみましょう。