ベッドのみ 引越し

突然ですが、「引越しの時にベッドを処分したいけどどうすればいいの?捨てる以外の方法はないの?」と困っていませんか?

  • ベッドを処分する方法はどのくらいあるの?
  • ベッドを処分するときに注意すべきことは?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します![/char]

 

ベッドを処分する方法はどのくらいあるの?

 

引越し時にベッドを処分するには以下の方法から可能なものを選ぶと良いでしょう。

【処分費用がかかるが楽に処分できる方法】

  • 自治体に依頼して粗大ゴミとして処分する
  • 引越し時に引越し業者に引き取ってもらう
  • 不用品買取業者に引き取ってもらう

【多少の手間がかかるが無料で処分できる方法】

  • 地域新聞などの「譲ります」コーナーに掲載して無料で譲る
  • 自治体のホームページに掲載し無料で引き取ってくれる人を探す
  • 新しいベッドを購入する家具店の無料引取りに出す
  • 自分で細かく分解して普通ゴミとして捨てる

【かなり手間がかかるがベッドを売って処分する方法】

  • オークションなどに掲載してベッドを売る
  • 家具一括見積もりサイトに掲載してベッドを売る
  • リサイクルショップに持ち込んでベッドを売る

 

処分費用がかかるが楽に処分できる方法

自治体に依頼して粗大ゴミとして処分する

 

各自治体ではベッドを粗大ゴミとして処分してくれます。コンビニ等で粗大ゴミチケットを購入して家具に貼り付け、指定日に家具を家の前に出しておくと自治体の収集業者が取りに来てくれるので非常に楽に処分ができます。

 

粗大ゴミ費用は自治体によって差がありますが、ベッドの処分費用は2500~3500円が相場となります。

 

引越し時に引越し業者に引き取ってもらう


引越し業者の中には不要な家具を有料で引き取ってくれるところがあります。引越しの見積りの際に引取り可能かどうか確認してみましょう。業者によって費用は異なりますが、引取り費用の相場は3000円~5000円前後です。

 

自分でベッドを処分するのはとても大変です。しかし、引越し当日に引越し業者がベッドを引き取ってくれれば面倒な手間が省けます。引越し業者は作業終了後のトラックにベッドを載せて持ち帰るだけなので、それほど手間を感じずに作業を受け付けてくれます。

 

不用品買取業者に引き取ってもらう


トラックで「不用品を引き取ります」という音声を流している不用品引取り業者を目にしたら、連絡先を聞いておき引越し当日に不用品としてベッドを引き取ってもらうと良いでしょう。引取り費用相場は0円~5000円前後です。ベッドの状態が良ければ売り物になるので、無料で引き取ってくれることもあります。

 

不用品買取業は全国各地に存在するので、評判の良さそうな業者をインターネットで調べておくのも良い方法です。出来るだけ引取り費用がかからず、引取りの際にベッドの搬出を依頼できる業者が見つかれば楽にベッドを処分することができます。

 

多少の手間がかかるが無料で処分できる方法

 

地域新聞などの「譲ります」コーナーに掲載して無料で譲る


ポストに投函される地域新聞などには「譲ります」コーナーがあります。新聞によっては無料で掲載を受け付けているので「ベッドを無料で譲ります」と掲載してもらい、譲り受けてくれる人を探してみましょう。但し、譲り受けてくれる人がすぐ見つかる保証はないので、ベッドの処分を急いでいる場合は別の方法を検討したほうが良いかもしれません。

 

ベッドが欲しい人が見つかったら、双方で相談してベッドを譲り受ける日や運び方を決めます。搬出はベッドを処分する側の人、搬入はベッドを譲り受ける人、とすれば双方の負担も半分ずつになりトラブルになることもないでしょう。

 

自治体のホームページに掲載し無料で引き取ってくれる人を探す


自治体では市民が発信したい情報を載せるインターネット掲示板を用意しているところがあります。ここに「ベッドを譲ります」と掲載して欲しい人を探すのも良い方法です。

 

ベッドが欲しい人が見つかったら、新聞に掲載した時と同じようにベッドの受け渡し方法を相談します。お互いが協力して気持ちよく譲れるように話し合ってみましょう。

 

新しいベッドを購入する家具店の無料引取りに出す


引越しと同時に新しいベッドを買う場合は、家具店で無料引取りがないか確認します。新しいベッドを購入してくれた顧客に対して、古いベッドの無料引取りをしてくれる家具店があるので是非このサービスを利用しましょう。

 

但し、家具店の引取りは新しいベッドの配達と同時に行われる点に注意してください。引っ越し前の家に古いベッドを引取りに来てもらい、新しいベッドを新居に配達してもらうことはまずできませんので、古いベッドは一旦新居に引っ越し荷物として運ぶことになります。それでも無料で処分できるので、損することはない方法です。

 

自分で細かく分解して普通ゴミとして捨てる


無料で処分する究極の方法は、自分でベッドを細かく分解して普通ゴミに出す方法です。パイプベッドで分解できるものは極力小さく分解し、燃えないゴミとしてまとめて捨てれば無料で処分できます。

 

木製のベッドも分解できますが、左右のパネルは200cm近くあるのでそのまま捨てられません。しかし、電動ノコギリなどで細かくカットすれば燃えるゴミの袋に入るので、普通ゴミとして捨てることができます。細かく分解できれば運び出しも楽ですので、作業できそうな方はトライしてみましょう。

 

かなり手間がかかるがベッドを売って処分する方法

 

オークションなどに掲載してベッドを売る

 

ベッドを出来るだけ高く売る方法はオークションです。自分で価格を設定でき、ベッドについて細かい説明もできるので比較的高い価格で売ることができます。まだ新しいベッドやブランド品などを処分する場合は、オークションを利用すると意外な値段で売れることもあります。

 

但し、オークションを利用する場合はきちんとマナーを守り、誠実な取引をするようにしてください。ベッドの仕様を誇張したり、傷があるのにないと書いたりするのは違反になります。また、落札者との連絡やベッドの発送も全て自分でやらなければならないので、それだけの手間がかかることを認識した上で出品しましょう。

 

家具一括見積もりサイトに掲載してベッドを売る


インターネット上にある「家具の一括見積もりサイト」にベッドの使用や写真を掲載すると、複数社から買取見積りを受け取ることができ、意外に簡単に買取業者を見つけることができます。

 

家具一括見積もりのメリットは、各社の買取価格を比較してどこに売るか選べるという点です。一番高い料金を提示した業者を選んでも良いですし、メールの対応が親切な業者を選ぶこともできます。但し、家具を引取りに来てもらう場合は2000円前後の出張費がかかりますので、その分だけ買取費用が低くなるという点を理解して依頼してみましょう。

 

リサイクルショップに持ち込んでベッドを売る


綺麗でまだ使えるベッドであれば、リサイクルショップで買取りをしてもらえます。近くに店舗がある場合は買取可能か問い合せてみると良いでしょう。目立つ傷もなくデザインもシンプルで飽きのこないベッドであれば、数千円になる可能性があります。処分料金を払わずにちょっとしたお小遣いになるのでぜひ利用してみましょう。

 

自分でベッドを分解して車で運べるなら、店頭に持ち込んで買取りを依頼しましょう。持ち込みが難しい場合は2000円前後の出張料を支払えば出張買取をしてくれますので、電話で問い合せて申し込んでおきましょう。

ベッドを処分するときに注意すべきことは?

 

ベッドの処分には搬出と搬入が伴いますので、この際に壁や床を傷つけないように注意しましょう。毛布や緩衝材を使って壁と床を保護するのを忘れないでください。

 

オークションや家具一括見積もりを利用する際には、ベッドの情報を正しく掲載してください。寸法や材質、色やデザインなどをしっかり掲載しないとなかなか買い手がつかなかったり、落札後のクレームの原因となります。写真を掲載する際にはできるだけ鮮明に撮影し、ベッド全体が写っている写真を使いましょう。

 

不用品買取やリサイクルショップに売る場合は、ベッドを綺麗に掃除して見栄えよくしておくことが大事です。ホコリがかぶったままだったり、シミや汚れのあるものは買い取ってもらえないことがあります。使う人が欲しいと思える状態にして売るのが礼儀と認識しておきましょう。

 

ベッドは捨てるだけじゃない!譲る、売る、も忘れずに!

 

ベッドを処分するのはとても大変な作業です。だからこそ粗大ゴミとしてただ捨てるだけでなく、有効活用してもらうために譲ったり、安くてもお金に替える方法を検討する余地があるのです。あなたにとって一番満足のいく方法でベッドを処分できれば、引越しそのものにも満足することができるでしょう。